IM-共通マスタの変更内容が、がIM-Workflowに反映されません

この事象はIM-Workflowの処理対象者プラグインキャッシュの機能が、変更前のキャッシュ情報を参照していることが原因です。

ワークフローパラメータの[処理対象者標準プラグイン結果キャッシュ設定]が"false"となっている場合、[処理対象者標準プラグイン結果キャッシュ保存時間]の間隔か、またはサーバ再起動のタイミングで、IM-共通マスタの変更がキャッシュへ反映されます。
キャッシュ更新間隔を短く設定したい場合には、[処理対象者標準プラグイン結果キャッシュ保存時間]を変更することで対応が可能です。
また、[理対象者標準プラグイン結果キャッシュ設定]"true"に変更した場合は、キャッシュの機能が動作しないため、IM-共通マスタの変更がワークフロー側へ即時反映されます。

処理対象者標準プラグイン結果キャッシュ設定につきましては

    IM-Workflow仕様書 - 「4.1.1.6 処理対象者標準プラグイン結果キャッシュ設定」

に記載しておりますのでご参照ください。

※このキャッシュ機能ではメールアドレスの他に、IM-Workflowで利用しているデータである、表示用の名前系のデータ(例:会社名、組織名、ユーザ名、役職名、役割名、ロール名、パブリックグループ名など)と、所属情報(配属されている組織やパグリックグループ、
 ロール等の情報)がキャッシュ対象となります。


-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iAP/Accel Platform/全バージョン
iWP/Webシステム構築基盤/IM-Workflow
--------------------------------------------------------------------------------

FAQID:167
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk