イントラネット・スタートパック Ver6.0x の秘書権の動作仕様について教えてください。

イントラネット・スタートパック(以下 ISPとします)Ver6.0x のスケジュール機能に関しまして、以下の動作仕様を製品ポリシーとしております。

登録されたスケジュールに関して、登録者以外のユーザはスケジュールの変更を行うことができません。
これは登録者が登録した内容を第三者が自由に変更出来てしまうと、登録者の意に反した内容が伝達されてしまう恐れがある為です。

上記製品ポリシーを前提とした正しい秘書権の動作は以下の通りとなります。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
・秘書権を付与したユーザ(例.役員)が登録したスケジュールのみ、秘書権を付与されたユーザ(例.秘書)はそのスケジュールを編集・削除が可能です。

・秘書権を付与されたユーザ(例.秘書)が登録したスケジュールに関して、秘書権を付与したユーザ(例.役員)はそのスケジュールを編集することができません。
(削除のみ可能とします)
--------------------------------------------------------------------------------------------------

しかし、ISP Ver6.0.8までの秘書権は以下の動作となっておりました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
・秘書権を付与したユーザ(例.役員)が登録したスケジュールのみ、
  秘書権を付与されたユーザ(例.秘書)はそのスケジュールを編集・削除が可能です。

・秘書権を付与されたユーザ(例.秘書)が登録したスケジュールに関して、
  秘書権を付与したユーザ(例.役員)はそのスケジュールを編集・削除が可能です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------

これに伴い、ISP Ver6.0.9にて秘書権に関する改修を行っています。
秘書権の詳細な動作に関しましては、添付ファイルをご参照ください。

-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iWP/アプリケーションシリーズ/イントラネット・スタートパック
--------------------------------------------------------------------------------

FAQID:85
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk