ワークフロー案件データ退避モジュールにて、予期せぬデータが削除される場合があります

不具合になります。
 
ご迷惑をお掛けいたしまして、誠に申し訳ございません。
以下の回避方法を実施していただくよう、よろしくお願いいたします。
 
【事象】
ワークフロー案件データ退避モジュールにて、ワークフロー完了案件退避データ削除を実行すると、ビジネスプロセスワークフロー案件が削除される不具合が発生します。
 
【再現条件】 
設定ファイルにて、退避確認(saveCheck)をfalseにして、ワークフロー完了案件退避データ削除を実行した時に発生します。
 
【発生バージョン】 
intra-mart WebPlatform / intra-mart AppFramework Ver.7.2
intra-mart WebPlatform / intra-mart AppFramework Ver.7.1
intra-mart WebPlatform / intra-mart AppFramework Ver.7.0
intra-mart WebPlatform / intra-mart AppFramework Ver.6.1
intra-mart WebPlatform / intra-mart AppFramework Ver.6.0
intra-mart WebPlatform / intra-mart AppFramework Ver.5.1
 
【原因】
ワークフロー完了案件から削除対象を取得するSQLにおいて、退避対象の条件が設定されていません。
 
【回避方法】
設定ファイルにて、退避確認(saveCheck)をtrueにして実行してください。

-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iWP/Webシステム構築基盤/WebPlatform/AppFramework
--------------------------------------------------------------------------------

FAQID:569
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk