アクション「データベースからデータ取得」での取得データの設定について

前の結果が残る、という動作は仕様となります。検索にて取得した結果を編集して登録することを想定し、取得した結果を削除する、といった動作は行っておりません。
お客様におきまして、カスタムスクリプトにて、前の結果をクリアする処理を実装いただくことで実現は可能です。

以下、カスタムスクリプトのサンプルを記載させていただきます。
 ※サンプルにつきましては、製品サポート対象外となります。
 ※お客様の環境に合わせて修正してご利用ください。

 -------------------------------
 ファンクション名:clearAll()
 -------------------------------
 function clearAll() {
   var addButtonId = 'Button2_R_1'
   var delButtonId = 'Button3_R_'
   while(true) {
     var delButton = document.getElementById(delButtonId + '1');
     if(delButton  null) {
       return;
     }
     if(document.getElementById(delButtonId + '2')  null) {
       // 最終行の場合
       document.getElementById(addButtonId).onclick();
          delButton.onclick();
         return;
       }
      delButton.onclick();
   }
 }
 ---

上記カスタムスクリプトをデータ取得アクションの前に設定してください。
上記スクリプトをご利用いただく場合、以下の点にご留意いただけますようお願いいたします。

 ・テーブル内に「行追加」ボタン、「行削除」ボタンを配置する。
 ・「行追加」ボタンのアイテム名は「Button2」、「行削除」ボタンのアイテム名は「Button3」とする。
  別名の場合は、スクリプトの該当箇所を別名に置換する。


-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iWP/エクステンションシリーズ/IM-VisualDesigner
--------------------------------------------------------------------------------

FAQID:156
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk