【緊急パッチ移行データ】commitプロパティ値によるコミット処理で逆の動作をしてしまいます。

【現象】

BapiControllerを利用してBAPI処理のコミットを行った場合、プロパティファイルに指定したコミットの実行フラグと逆の動作をする現象が発生します。



【再現条件】

1. BapiControllerを引数にプロパティ名のみを指定した状態でインスタンスを作成する。

2. 指定したプロパティのcommitの値をtrueにする。



上記の条件でBapiControllerに更新系の処理を実行し、トランザクションを開放しないままにすると、コミットが行われない事象が発生します。



【発生バージョン】

IM-ERP リアルコネクト Ver.7.1.2



【修正内容】

BapiControllerにおいて、コミット処理を実施するかどうかの判断を修正します。



File:

[A] doc/imart/WEB-INF/classes/jp/co/intra_mart/foundation/sap/common/general_purpose/BapiController.class



【適用方法】

以下サイトより対象ファイルをダウンロードし、「patch02_id21511_20130423.zip」に含まれるreadme.txt ファイルの「インストール方法」を参考に適用してください。

http://newsupport.intra-mart.jp/patch/download/patch_info.php?patch_cd=1234





【備考】

本件は「IM-ERP リアルコネクト」の要件[21511]として管理されております。

-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iWP/エクステンションシリーズ/IM-ERPリアルコネクト
--------------------------------------------------------------------------------

FAQID:347
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk