ポータルインポートを行うと重要なお知らせポートレットの登録日がインポート日付となります。

内容:
ポータルのインポート機能は、各テーブルの登録日にインポート日付を設定して登録する仕様です。
しかし、重要なお知らせポートレットでは、登録内容を登録日順にソートしているため、インポート前と後でデータの表示順序が変更されます。
対象製品:WebPlatform Version 7.1
対処:
設定ファイルを登録することで、インポート日付の設定処理を回避することが可能です。
添付のファイルを以下のパスに配置し、WebPlatform/AppFrameworkを再起動してください。
(Resin以外のアプリケーションサーバは、再デプロイが1です。)
・ファイル名
  import-option.xml
・配置パス
  <% Application Runtimeのインストールパス
%>/doc/imart/WEB-INF/classes/jp/co/intra_mart/foundation/portal/io/


-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iWP/Webシステム構築基盤/WebPlatform/AppFramework
--------------------------------------------------------------------------------

FAQID:321
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk