intra-mart Accel Platformにおける元号追加の影響について教えてください。

intra-mart Accel Platformにおいて元号に関する影響範囲は以下のとおりです。
(1) intra-mart Accel Platform標準状態において、IM-Workflowの印影機能に元号を利用する機能があります。
(2) お客様において日付フォーマットとして年数を表すパターン文字列に "GGGG" または "G"を使用している場合は元号が利用されます。
(3) お客様においてModule.calendar APIを使用している場合は元号が利用されます。 
 
(1)と(2)においては元号に関する情報はJava内部で設定されているものを利用します。
追加された元号に対応する方法については以下のいずれかの方法があります。
新元号が決定された後にリリースされるJavaにアップデートを行います。
Javaの設定を変更します。
Javaの設定を変更する場合は、%JAVA_HOME/jre/lib/calendars.propertiesを変更します。
calendar.japanese.erasの値を以下のように変更してください。

calendar.japanese.eras: \    name=Meiji,abbr=M,since=-3218832000000;  \    name=Taisho,abbr=T,since=-1812153600000; \    name=Showa,abbr=S,since=-1357603200000;  \    name=Heisei,abbr=H,since=600220800000;  \    name=NewEras,abbr=N,since=1546300800000


nameには年号名を指定してください。全角表記を行う1がある場合は、native2ascii等を利用してエスケープした文字列を指定してください。
addrには略語を指定してください。
sinceには対象の元号を開始する時間をエポックミリ秒で指定してください。

Javaの和暦の扱いについては以下を参照してください。
http://docs.oracle.com/javase/jp/8/docs/technotes/guides/intl/calendar.doc.html#japanese

 
(3)においては、起動時にModule.calendar.set(String name, String key, Number year, Number month, Number day)を呼びだすことで
新しい元号を追加することが可能です。

詳しくは、下記のドキュメントを参照してください。
https://www.intra-mart.jp/apidoc/iap/apilist-ssjs/doc/platform/Module.calendar/index.html#method-set_3


-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iAP/Accel Platform/全バージョン
--------------------------------------------------------------------------------

FAQID:632
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk