Cassandraのクライアント接続ポート(rpc_port)を9160以外に設定すると、エラーログが大量に出力されます。

【原因】
  クライアント接続ポート(rpc_port)を9160以外に設定した場合、新規ノードの検出機能が利用できないために発生しています。

【回避方法】
1. %CASSANDRA_HOME%/conf/cassandra.yaml ファイル内の"rpc_port"を"9160"に設定してください。
   rpc_port: 9160

2. アップデートバージョンによって手順が異なります。

[intra-mart Accel Platform 2013 Winter 以前のバージョンをご利用の場合]
   conf/cassandra-config.xml ファイル内のhostタグ内のノードIPアドレスのポート番号に必ず9160を設定してください。
   参考:設定ファイルリファレンス - Cassandra設定
   http://www.intra-mart.jp/download/product/iap/setup/im_configuration_reference/texts/imbox/cassandra-config/index.html#ノードipアドレス

[intra-mart Accel Platform 2014 Spring 以降のバージョンをご利用の場合]
   テナント環境セットアップ、またはテナント管理画面のCassandra接続情報に入力する接続先のポート番号に必ず9160を設定してください。
   参考: セットアップガイド - Apache Cassandra 接続情報
   http://www.intra-mart.jp/download/product/iap/setup/iap_setup_guide/texts/tenant/setup_to_tenant_cassandra.html
 

-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iAP/Accel Platform/2012 Autumn(Alba)
iAP/Accel Platform/2012 Winter(Bourbon)
iAP/Accel Platform/2013 Spring(Climbing)
iAP/Accel Platform/2013 Summer(Damask)
iAP/Accel Platform/2013 Autumn(Eden)
iAP/Accel Platform/2013 Winter(Felicia)
--------------------------------------------------------------------------------

FAQID:379
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk