Java7u45以降にバージョンアップ後、im_upload_appletを利用した画面を表示する際、Javaから警告ダイアログが表示されます

 
【発生条件】
○対象製品
・intra-mart WebPlatform / Application Framework Ver7.2
・intra-mart AccelPlatform(互換モジュール利用)
○クライアント環境でJava7 update 45を利用
上記の条件で、システム管理者の「ファイル操作」メニューを開くなど、im_upload_appletのJavaアプレットを利用すると発生します。

【原因】
Java 7 update 45におけるセキュリティの仕様変更に、jarファイル内に含まれているMANIFEST.MFの記述が対応できていないためです。
Java7 update 45のリリースノート、概要、およびOracle社から公開されている関連情報は以下を参照してください。
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/7u45-relnotes-2016950.html

【回避方法】
本件は警告ダイアログが表示されるだけであり、警告ダイアログに対して「実行」を選択することで問題なくJavaアプレットを動作させることができます。

【対応方法】
Java 7 update 45の仕様に則って、必要なマニフェスト属性を記述したjarファイルの提供を行います。

【適用方法】
修正ファイルに関しては、パッチダウンロードサイトにて提供を行っております。
iWP 7.2 : http://newsupport.intra-mart.jp/patch/download/patch_info.php?patch_cd=1132
iAP     : http://newsupport.intra-mart.jp/patch/download/patch_info.php?patch_cd=1133

パッチの適用方法に関しては、パッチダウンロードサイトの readme.txt を参照してください。

<対象となるバージョン[iAPの場合]>
  2012 Autumn
  2012 Winter
  2013 Spring
  2013 Summer
  2013 Autumn

 関連要件:intra-mart AccelPlatform 要件 [4144] im_upload_appletのJava7u45対応
                                                         https://issue.intra-mart.jp/issues/4144

-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iAP/Accel Platform/全バージョン
--------------------------------------------------------------------------------


FAQID:78
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk