cluster/server-default/thread-maxの設定値を超えたスレッド数を利用するような処理が発生した場合、Resinのプロセスがダウンしてしまいます。

【発生条件】
%ApplicationRuntime%/conf/http.xmlに設定cluster/server-default/thread-maxの値を超えるような処理を実行しようとした場合に発生しやすいことを把握しております。
具体的には以下のような状態になった場合に発生する可能性があります。

1. resinが大量のリクエストを受け付けた
2. TCPコネクションの枯渇

【原因】
上記の状態になった際に、Resinが自己の状態を監視するスレッドがたてられないことにより発生している可能性があります。
Resinの状態監視スレッドが20分以上動作できなかった場合に事象が発生します。 
【回避策】

【原因】に記述したようなシステム停止状態になってしまった場合、この状態を維持しても回復の見込みがないため、再起動を実施していただくようお願いいたします。
また未然の防止策 cluster/server-default/thread-max を大きく設定することが有効であると思われます。
 
${AppRuntime}/conf/http.xml の cluster/server-default/thread-max の設定の詳細は以下をご覧ください。
 
・WebPlatform設定ガイド(下記URLはWeb Platform Ver.7.2のものとなります。)
http://www.intra-mart.jp/download/product/v72_doc/iwp_iaf/configuration/iwp_config_guide_v72.pdf
 
・Resin references(下記URLはResin Ver.3.1のものとなります)
http://www.caucho.com/resin-3.1/doc/server-tags.xtp#threadmax

-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iWP/Webシステム構築基盤/WebPlatform/AppFramework
--------------------------------------------------------------------------------

FAQID:405
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk