認可設定画面で「ゲストユーザ」・「認証済みユーザ」の権限を、誤って全て禁止にしてしまい、テナント管理者含む全ユーザでログイン不可となってしまいました。

 
【対応方法】
システム管理者が、特定のユーザに認可設定権限を付与することで復旧可能です。

 
既存のテナント管理者が何らかの理由でログインできなくなった場合や、認可設定が可能なユーザが不在となった場合、特定のユーザに認可設定権限を付与することで復旧可能です。
 
具体的には、テナントに登録されているユーザに対して認可設定権限を与えます。
また、ユーザの有効期限設定、ロック状態を初期化し、アカウントライセンスが付与されていない場合は付与してログイン可能な状態にします。
 
この操作はシステム管理者が行います。
 
詳しくは、以下をご参照ください。
システム管理者操作ガイド - テナントの操作を行う - 特定のユーザに認可設定権限を付与する
http://www.intra-mart.jp/document/library/iap/public/operation/system_administrator_guide/texts/basic_guide/basic_guide_3_4.html#tenantmanager_restoration_promotion

-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iAP/Accel Platform/2014 Spring(Granada)
iAP/Accel Platform/2014 Summer(Honoka)
iAP/Accel Platform/2014 Winter(Iceberg)
iAP/Accel Platform/2015 Spring(Juno)
--------------------------------------------------------------------------------

FAQID:581
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk