Windowsサービス化したCassandraサービスが停止できない問題に対する対応方法Windows環境において、commons-daemon 1.0.15を利用したCassandraのサービス化を行っているが、サービス一覧からCassandraサービスの停止処理を行ってもプログレスバーが途中で止まり、その後にエラーメッセージが記述されたアラートが表示され、サービスが正常に停止できません。

【現象】
Windows環境において、commons-daemon 1.0.15を利用したCassandraのサービス化を行っているが、サービス一覧からCassandraサービスの停止処理を行ってもプログレスバーが途中で止まり、その後にエラーメッセージが記述されたアラートが表示され、サービスが正常に停止できません。

commons-daemon 1.0.15でサービス停止に失敗する不具合が報告されており、その影響でcommons-daemonを利用したWindowsサービスが停止できない事象が確認されました。
commons-daemon 1.0.14 を利用することで正常にサービス停止ができることを確認しておりますので、commons-daemon 1.0.15 をご利用されているお客様は下記の手順で commons-daemon 1.0.14 へのダウングレードを実施して頂ますようお願いいたします。

【ダウングレード手順】
1. commons-daemon 1.0.14 の取得と展開
2. prunsrv.exe の入れ替え
3. 動作確認

1. commons-daemon 1.0.14 の取得と展開
 下記のURLより、commons-daemon 1.0.14 のWindows向けバイナリファイルを取得してください。
  http://archive.apache.org/dist/commons/daemon/binaries/windows/commons-daemon-1.0.14-bin-windows.zip
 取得したzipファイルを展開してください。

2. prunsrv.exe の入れ替え
 展開したzipファイルから、prunsrv.exeを取得してください。
  ※ prunsrv.exeは、稼働させているサーバのCPUにより、実行ファイルが異なります。
   ・32bitCPUの場合は、展開したフォルダ直下のprunsrv.exe
   ・ia64のCPUの場合は、ia64フォルダの中のprunsrv.exe
   ・amd64のCPUの場合は、amd64フォルダの中のprunsrv.exe
   をそれぞれ利用してください。

 Cassandraインストールフォルダ配下の bin\daemon フォルダ配下にある prunsrv.exe を上記で取得したもので置き換えてください。
 この際、起動しているCassandraサービスは停止しなくても問題ありません。

3. 動作確認
 intra-mart Accel Platform が稼働している Application Server を停止した状態で、サービス一覧にある
 Cassandraサービスが正常に停止および起動できる事を確認してください。

以上で commons-daemon のダウングレードは完了となります。

-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iAP/Accel Platform/全バージョン
--------------------------------------------------------------------------------

FAQID:73
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk