Session verify error は どのような場合に発生しますか?

 
Session verify error は セッション不整合のエラーです。

サーバでは、サーバ側で作成されたURLが同一セッションで作成されたURLであるかどうか確認しています。
クライアント側が送信したセッション情報とサーバが管理しているセッション情報が異なった場合に発生するエラーです。

ユーザが同一ブラウザでタブを複数利用(または同じブラウザを複数ウィンドウで利用 )してイントラマートを操作した場合や
Cookieに影響を与える機能の存在によりCookieが書き換わってしまうなど動作環境要因によっても発生する可能性がございます。

必ず発生するわけではありませんが、よくある例としては以下の操作が該当します。

1. タブ(A)でログインを行います。
2. タブ(A)である画面に遷移します。
3. 別のタブ(B)でログイン画面を表示 または ログインを行います。
4. タブ(A)に表示されているリンクをクリックします。

セッション情報はCookieに保存されています。
ブラウザは、それぞれのタブでCookieを共有します。
ログイン画面を表示 または ログインを行った場合、Cookieにセッション情報を保存します。
タブ(A)でのログイン時のセッション情報がタブ(B)での操作によって上書きされます。
これによりセッションの不整合が発生します。

関連制限事項
https://www.intra-mart.jp/document/library/iap/public/iap_release_note/texts/limitations/ui.html#limitation-25840


-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iAP/Accel Platform/全アップデート
iWP/Webシステム構築基盤/WebPlatform/AppFramework
--------------------------------------------------------------------------------



FAQID:1036
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk