処理対象者プラグインを、縦配置・横配置・動的承認者等の動的なノードに対して設定する方法

IM-Workflow処理対象者プラグインを縦配置・横配置・動的承認者等の動的なノードに対して設定する方法について以下に記載します。

例として、サンプルのスクリプト開発モデルを使用した場合について説明いたします。
プラグインの追加設定は、以下のディレクトリ配下にありますplugin.xml内に記述します。

 %ServerManager%\plugin\jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.
 node.dynamic/plugin.xml
 
【記述する内容】
 ・<configPage>~</configPage>には、[ルート定義]画面において、ノードに設定する処理対象者の
  一覧画面から、処理対象者プラグインが選択されたときに呼ばれるプログラムのパスを記述します。

 ・<extend>~</extend>には、処理対象者を決定するプログラムのパスを記述します。
 
【plugin.xml】
--------------------------------------------------------------------------
 <authority name="sample" 
    id="jp.co.intra_mart.sample.workflow.purchase.plugin.authority.
    node.approve.item_total.script"
     version="7.2.0"
      rank="910"
       enable="true">
         <configPage>
           <script pagePath="sample/workflow/purchase/plugin/authority/
            item_total/itemTotalConfig">
             <parameter key="pluginName" value="SAMPLE.IMW.CAP.030" />
              </script>
            </configPage>
            <extend>
             <script file="sample/workflow/purchase/plugin/authority/
                item_total/WorkflowAuthorityExecEventListener" />
            </extend>
    </authority>
--------------------------------------------------------------------------
plugin.xmlファイルを設定後、サーバーを再起動をすると、ルート定義・動的承認ノード(1-cの場合)の処理対象者が追加されます。
 
例として記載していますサンプルの場合、"合計金額[Script]"が追加されます。

-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iAP/Accel Platform/全バージョン
iWP/Webシステム構築基盤/IM-Workflow
--------------------------------------------------------------------------------

FAQID:172
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk