過去案件で印影が表示されない場合があります

【発生条件】
  ・IM-Workflow7.2の全てのパッチバージョン
  ・申請・承認時に押印を行った案件
  ・申請日と申請基準日が異なる案件をアーカイブした過去案件

  ※IM-FormaDesignerとIM-Workflowを組み合わせて利用した場合も、本事象に該当する可能があります。

【原因】
  製品不具合です。案件退避処理の印影のユーザプログラムで、アーカイブ年月を申請日から生成しているために発生します。

【対応方法】
  1. IM-Workflow 7.2 patch12 を適用してください。
     https://issue.intra-mart.jp/issues/25639
     IM-Workflow 7.2 patch12 はパッチダウンロードサイトから入手してください。
     http://newsupport.intra-mart.jp/patch/download/patch_info.php?patch_cd=1343

  2. IM-Workflow 7.2 patch12 以前の利用で生成されてしまった不正データは、添付のリカバリバッチを実行することで正常な状態になります。

    添付ファイル: recovery_module_iwp.zip

    zipファイルに同梱のreadme.txtを参照してリカバリバッチを実行してください。

-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iWP/Webシステム構築基盤/IM-Workflow
--------------------------------------------------------------------------------

FAQID:593
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk