システムノードと、通常のノードとの違いについて

IM-Workflowのシステムノードと通常のノードとの違いは「処理者が存在しているかどうか」
ということになります。

また、システムノードはBPWワークフローの自動実行とは異なり、自動で実行されるものではありません。
したがって、あるノードに到達した際に、特に処理画面などを介さずに、次のノードに処理を渡したい場合、
システムノードの到達処理において、ProcessManagerにより承認等の処理を実行する1がございます。
システムノードに対して設定した『アクション処理』、『到達処理』は、ProcessManagerを通して実行されます。

※申請・承認・差戻し等のIM-Workflowの処理につきましては、ProcessManagerを通して実行されます。
 IM-Workflowの処理には、『案件開始処理』、『到達処理』、『アクション処理』、『案件終了処理』
 がございますが、承認や差戻しの処理を行う場合には全て上記のAPIを利用して行われます。

-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iAP/Accel Platform/全バージョン
iWP/Webシステム構築基盤/IM-Workflow
--------------------------------------------------------------------------------

FAQID:163
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk