案件操作で、縦配置ノードを再展開した案件が処理出来ない場合があります

IM-Workflowにて案件操作で縦配置ノードの再展開をした場合に以下の問題を確認しております。
誠にご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、不具合が解消するまで下記【再現手順】のオペレーションを回避していただくようお願いいたします。

【条件】
 縦配置ノードを含むルート

【再現手順】
 1.案件を申請します。
 2.縦配置ノードで展開されたノードが処理待ちの状態にします。
 3.案件操作で、処理待ちのノードから、縦配置ノードで展開された同期開始ノードに処理を移動させます。
 4.縦配置ノードの編集でノードを増減させます。(再展開処理を実行させる)
  上記手順で縦配置ノードの再展開処理は成功しますが、その後案件に対して処理待ちのノードが存在せずに、操作不能となります。
 
  なお、案件の削除は可能です。

 ・その他
  案件操作の画面だけではなく、案件操作APIによる操作でも発生します。

【原因】
 縦配置ノードにより展開されたノードが処理待ちの状態で、縦配置ノードの再展開処理を実行できるのが仕様の不具合となります。
 縦配置ノードの再展開処理は、配置するノードのノードIDをすべて新規に振り直します。
 また、未到達状態での実行を想定しているため、DBの処理待ちノード情報への更新を行っていません。
 そのため、flow.xml・progress.xmlと、処理待ちとなっているDBのimw_t_actv_taskのレコードに不整合が生じるのが原因となります。

【正しい仕様】
 縦配置ノードの展開で配置される同期開始ノードでも、承認ノードと同様に、縦配置ノードの編集ができないのが正しい仕様となります。

【事象を回避して縦配置ノードの再展開を実現する方法】
 縦配置ノードにより、展開されたノードの処理対象者変更する場合や、縦配置ノードの再展開をする場合は、縦配置ノード(の同期開始ノード)より前のノードに移動したのちに、編集を行ってください。

【事象が発生した場合の復旧方法】
 今回の再現手順に至るワークフローの遷移パターンは無数にあります。したがってお客様の運用状況に応じて復旧方法を提示する1がございます。事象が発生した場合には、弊社サポート窓口まで回避方法の問い合わせをお願いいたします。

本事象は、以下の要件で修正されました。
 
 IM-Workflow Ver.7.2 Patch - 要件[18191]
 Accel Platform 2013 Summer - 要件[19500]


-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iAP/Accel Platform/2012 Autumn(Alba)
iAP/Accel Platform/2012 Winter(Bourbon)
iAP/Accel Platform/2013 Spring(Climbing)
iWP/Webシステム構築基盤/IM-Workflow
--------------------------------------------------------------------------------

FAQID:174
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk