patch08、 patch09を適用後に、引戻しを行うと一意制約違反のエラーが発生する場合があります

弊社にて、引戻し処理時に一意制約違反が発生することを確認しております。 

【条件】
 下記のようなルートで発生します。

  ・分岐が2個以上繋がっていて、前の分岐内に、更に縦・横2個以上の分岐が存在します。
  ・各分岐は、分岐開始から分岐終了まで、直線で繋がっているルートが1個以上存在します。

【原因】
 patch08の要件 [18223] の修正を行った時の処理ロジック不正です。ルートの形次第で、引戻しデータを2回重複して作成する処理が実行されてしまいます。

【対応方法】
 以下のURLから修正モジュールをダウンロードして適用してください。

  http://newsupport.intra-mart.jp/patch/download/patch_info.php?patch_cd=1166
 
 ※修正対象パッチバージョンは以下となります。
  ・IM-Workflow 7.2 patch08
  ・IM-Workflow 7.2 patch09

 適用方法の詳細は同梱のreadme.txtを参照してください。


-- 対象 ------------------------------------------------------------------------
iWP/Webシステム構築基盤/IM-Workflow
--------------------------------------------------------------------------------

FAQID:373
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk